Web Site Builder

CBD15%配合
国内最高レベルオイル
高濃CBD1500mg/10ml  
発売記念 50%オフ

通常28000円

Now! ¥14000円

世界的に注目のCBDオイル。そのCBDオイル15%配合のオイルドロップ発売記念。通常28000円の商品が、半額の¥14000円でお試しできる。 15%CBDオイルはオイルの形状では国内最高濃度を誇り、摂取し易いスポイト式で10mlの中に、1500mg のCBDを含んでいます。 天然成分100%でCBDの他にはオリーブオイルが入っています。

オープン記念50%オフセール
終了まであと

Providing you with supreme CBD
extracts since 2011 

Phermahemp社は1965年からヘンプ製品の開発をしてきました。世界的にCBDへの関心が高まる中、2011年よりCBD抽出技術を駆使して、高品質のCBDを世の中に届けています。国内ヘは有限会社Fuji Highの協力のもと販売を開始しました。これを機に多くの人にCBDの良さを知っていただきとい思っています。

なぜ私たちのCBDオイルがお勧めなのか!!

製品のクオリティーには最新の注意をはらいます。お客様の満足が私たちの幸せです。

CBDオイルはここ数年で世界的に注目を浴びるようになった成分です。 ヨーロッパを中心にアメリカやアジア諸国でもその成分に多くの症状を緩和する働きがあるという研究結果が発表されています。 CBDは麻から抽出される成分ですが、国内で禁止されているTHCを主成分とする大麻とは全く種類が異なる植物になります。 同じ属性にはなりますが、CBD用のヘンプは種の種類から異なります。


医療大麻というキーワードも、アメリカでいう医療大麻の概念は医療に医師の許可をへて大麻を導入することで、ヨーロッパの医療大麻の概念はTHCの少ないCBDという成分が多く取れる種類の産業用ヘンプのことをさします。 ここで重要になるのは 'ハイ’になるのかならないのかということです。 日本で禁止されているのはTHCという錯乱作用があるとされている成分で、吸引することで抑揚状態になることが問題視されています。 しかし弊社が輸入しているCBD製品はTHCが入っていないもので、使用してもそのような状態にはなりません。 小さいお子様が使用しても影響ないという報告は海外メーカーからも受けております。


日本国内でもCBDの商品が出回っておりますが、出どころが怪しいものも存在しています。 そこで弊社では昨年、CBD先進国のヨーロッパに足を運び、ヘンプ生産農家・製品メーカーとの交渉の末、PhermaHemp社と販売代理店契約を結びました。 数あるブランドの中でPH社を選んだのはCBDに対する情熱と商品探求心・社長の人柄です。 


安全で高品質なCBD製品を日本でも広めていきたいと考えています。

いい環境に種をまく

40年以上耕作が行われていない土地を探し、オーガニックな環境でヘンプの種を蒔きます。標高も500m以上の場所で、車や工場などの影響を受けにくい田舎の土地です。

日当たり良好4mに成長

日当たりも最高のロケーションを選びます。ヘンプに限らず植物の成長には太陽の光は不可欠です。好条件でヘンプは1年で4m以上に成長します。

CBD99%の結晶を使用

そのヘンプを熟成させ種と茎を使用してCBD99%の結晶を精製します。 この状態で麻薬指定成分のTHCは取り除かれ、緩和成分のCBDのみを残すことに成功

オイル最高濃度の証

そのCBD結晶に天然成分オリーブオイルを混ぜてオーガニックなCBDオイルに仕上げました。他社のような低濃度の原材料は避け、高濃度CBD使用を徹底しています。

関係機関による品質検査の結果

全ての製品は輸入前にラボでのチェックを受け、適正な濃度が保たれているかを確認されます。地元や海外の機関でのチェックが行われているのがお判りいただけると思います。

CBDの摂取方法について

CBDオイル全般は基本的には適量を舌の上におき、30秒ほどそのまま口内に含ませた後に摂取していただく方法をお勧めしています。私たちの舌にはとても敏感に感じるセンサーがつているので、ここで味覚も通してCBDを味わっていただくことでより効果的にCBDを感じていただけると思います。オイル・ペーストなど種類はありますが、同じ方法で摂取していただければ大丈夫です。当社販売しているオイルにつきましては、濃度にもよりますが1日2回朝晩に 10滴〜20滴ほどを目安に摂取してください。ペースト状の商品は1日1gを基準にしていただければよいかと思います。摂取量の目安を分かりやすく伝えるため動画作りましたので、上ページの動画を参照してください。尚、当製品は健康食品としての販売になりますので、治癒や病気の回復を約束するものではありません。また妊婦や授乳中の場合は、担当医に相談のうえご使用を検討してください。

日本ではまだCBD関連の臨床実験が行われはいないため、その研究報告は国内では発表されていません。 しかし海外の例をとってみると、ある一定量のCBDを摂取して体内に取り込んだ後は、徐々にその摂取量を減らしても同等の作用が期待できるとの報告もあります。あくまでも個人差があるのですが、摂取したCBDは体内の細胞の中に数週間は蓄積されるので、摂取初めは多めに取り入れそに後は徐々にその量を調整していくことが可能です。 濃度の薄いCBD製品は、同じ量のCBDを摂取るためには濃いものより多くの量を摂取しなければなりません。 個人的な感想ですが、やはり濃度の濃いものは体感が異なる気がします。 ですので濃度の濃いものから試してみて、徐々に濃度を下げていくのが理想的な摂取方法です。またCBD製品は健康補助食品として毎日摂取して日々の免疫力向上にお役立てていただくことも出来ます。

効果に関しては個人差あるため一概には言えませんが、濃度が高いものの方が多くのCBDを含有しているのは確かです。実際CBDは摂取されたものは体内に蓄積されますので、ある一定量のCBDをできるだけ早い段階で体内に蓄積できた方が結果はでやすいのではと考えます。言い方を変えると、濃度が高いもので体感できない場合は、低いものを試してもそれ以上の感じを得ることは難しいと思います。 オイルでは15%のも、ペーストでは20%ものあたりが比較的よく出ますが、50%の最高濃度のペーストは一度試してみる価値はある商品です。オープンセール特価で40%Off になりますので、そちらを利用していただくことでお得にお試しいただけます。

15%CBD オイルが半額で試せる

15%CBDオイルを
50%オフで購入する

是非このチャンスにCBDオイルをお試しください。